小川修三

编辑:边界网互动百科 时间:2020-02-22 05:55:22
编辑 锁定
本词条缺少名片图,补充相关内容使词条更完整,还能快速升级,赶紧来编辑吧!
日本の昭和时代に活动した素粒子物理学者。
中文名:
小川修三
籍贯:
日本大阪
出生地:
日本
性别:
民族:
大和民族
国籍:
日本
出生年月:
1924年5月8日
去世年月:
2005年1月9日
职业:
科学 物理学家
小川修三(おがわ しゅうぞう 1924年5月8日 - 2005年1月9日)は、日本の昭和时代に活动した素粒子物理学者。
  山口県出身。1947年に名古屋帝国大学(现 名古屋大学)の理学部で物理学科を卒业后、同年12月に同大学の幅助手となり、2年后には助手となる。
  1958年11月に名古屋大学の助教授となり、1965年に教授となる。1985年から1988年まで理学部长を勤め、1988年には名誉教授となった。
  小川は丹生洁が1971年に宇宙线の中で発见??报告した「X粒子」が第4のクォークであると提唱したが、当时は広く认められるまでには至らなかった。 しかし、このことが后にノーベル物理学赏受赏となった「小林??益川理论」が生まれる契机となった。
  
词条标签:
科学家 人物